風景のキレイな町

最低限の運用

商店街

京都のホテルでは、太陽光発電の導入を始め、様々な場所で省エネやエコの為の活動が行われています。センサーの使用で電気を最低限運用する方法や、節水といった部分でも取組が見られています。

エネルギー管理

川沿いの住宅街

京都のホテルだけに限らず、京都の業界全体で省エネ化システムの導入が呼びかけられています。省エネ化には太陽光発電を始めとするITを使用したエネルギー管理システムの普及を目指す、BEMSと呼ばれる取組が行われています。

自然にやさしい

住宅

京都のホテルを利用する際には、太陽光発電システムを導入したホテルを利用する事で、自然に優しく旅行をする事が出来ます。廃棄物削減や美化活動を積極的に行っているので、そう言った部分も注目の一つです。

事前に確認

川と住宅

政令都市である京都では、景観を守る厳しい条例が定められています。そうしたことから、太陽光発電のパネルやシステムの設置にも色々と事前に確認をしておくことが必要となるのです。

環境を守る

京都タワー

近頃は省エネやエコといった観点から、環境やエネルギー問題に敏感になり、次世代に繋がるエネルギーが求められています。
特に、企業では環境保全の取組をアピールすることが重要になり、顧客もエコついて注目しています。その中で、太陽光発電を使ったシステムの導入が行われています。
このシステムは、太陽からのエネルギーを電気へと返還する事で従来とは違った、クリーンエネルギーを使用する事が出来ます。
太陽光を使った発電システムは全国に普及し、今では一般家庭でも導入される事が多くなっています。その中で、観光の名所のホテルと言った場所にも、太陽光の発電システムの導入が進んでいます。
京都もその例の一つで、伝統や文化を重んじる京都の町にふさわしい、環境保全への取組が行われています。
京都のホテルでも、太陽光発電システムが導入され、省エネやエコの為の工夫が為されています。
またシステムを導入することによる環境保全だけではなく、省エネも同時に行うことで、京都のホテル経営にも優しい取組になっている事が特長です。

京都のホテルでは太陽光発電システムの導入が進み、旅館と言った場所でも太陽光の発電システムが使われています。
また、太陽光発電を導入するだけではなく、京都の各ホテルでは省エネを実現するための様々な取組が行われています。
LED照明を積極的使用、センサーを利用した電気の最小限運用、節水用具の利用といった面からも環境保全に取り組んでいます。
こうした京都の環境保全の取組はホテルだけではなく、企業や医療施設と言った業界団体での取組が行われています。